昼間の日差しは相変わらず強いですが、一頃の暑さに比べるとだいぶ過ごしやすく感じるようになりました。 
今回は陶芸の森口直洋 講師が出品している展覧会に会期最終日に行ってまいりました。
道を隔てて目の前は日本橋高島屋。東京駅からも程近くわかりやすい場所です。
メンバーは東京藝術大学出身の11人の作家さんですが、ここでは森口先生の作品にスポットを当ててご紹介いたします。

time crossing

2019年9月4日(水)〜9月14日(土)
会場 :壺中居
         東京都中央区日本橋3-8-5  tel / 03-3271-1853 
FDA97FCA-E762-496F-A921-B0FD21F88AD7
展覧会のリーフレットにも掲載されている作品です。
鳥がモチーフになっています。




さて、ここから少し雰囲気が変わります
2B2B7536-5D68-4959-A617-E8B1E22304D6
どーん!
パイナップル、アスパラガス、いちじく。
実物より大きく、しかもだいぶ大きく作るのはなかなか難しい部分がありそうですが、とても緻密に作られています。かなり抑えられているけど、無色じゃない。ほんのりとした色味です。





3FB68515-159F-4346-9EF5-B6F2BD68B79F
壁際にも並んでいます。
エリンギ、ほおずき、にんにく。 
エリンギもこれだけ大きくなるとなかなかの迫力です。





64196039-FEB8-41EA-A3B5-0E5B23F50A25
反対側から。
乾いた薄い皮に包まれたにんにく、中は空洞で手のひらでポンポンと転がして遊んだほおずき、水分を含みしっとりとしたキノコの重量感。
それぞれの特徴が忠実に表現されています。





3BE0F28F-1C22-47BD-8EDB-6D065E425351
壁に、野菜や果実がモチーフとなっている事について、その基点となる想いが綴られていました。


残念ながらご紹介できていない他の作家の皆さんの作品も力作揃いです。
次回また開催されましたら会場に足をお運びいただき、ぜひ実際にご覧になってみてください。